ミラノ一の老舗カフェCOVA スカラ座との深い関係

モンテナポレオーネ通り(Via Monte Napoleone)に位置するカフェCOVA(コヴァ)。

その歴史はとても古く、創業はなんと1817年。

おそらくミラノで一番の老舗カフェ・バール。

1810年代とは、フランス革命(1790年代)、ヨーロッパの地図を瞬く間に塗り替えたナポレオンの時代(1790年代後半から1800年初頭)、そしてナポレオンの失脚を経て、ヨーロッパ全体で、体制を立て直そうとしていた時期である。

ナポレオンによる進軍は、かつてない規模で繰り広げられたために、1814-15年のウィーン会議にて、ナポレオン以前の状態に各政体を戻す「国際ルール」が確認されたわけである。

そんな激動の時代に産声をあげたCOVA。

実は創業当初は、ミラノのスカラ座の前に建てられていた。

その名残は、なんとここ、COVAのカップの絵に残っている。

この繊細な絵は、創業当時の19世紀のCOVAとスカラ座を物語るものである。


独立運動の機運が高まる19世紀のミラノをスカラ座のそばで見つめ続けたCOVA。

1860年代にガリバルディによる国家統一運動(リソルジメント)が行われ、ようやくイタリアという「国家」が登場した時にもCOVAは、スカラ座のもとにあった。

その位置から、文化人が多く通う洗練された空間であったという。


ところが第二次世界大戦によってこのスカラ座の店舗は消失し、今のモンテナポレオーネ通りに移転したのが1950年、まさにイタリアが戦災から奇跡の復興を遂げた時期である。

1993年、香港進出を皮切りに、ドバイ、モナコ、北京、上海、深圳、台北、台湾などアジアを中心に国際的に店舗を展開するようになったCOVA。

日本には2005年に上陸。

2013年にはルイ・ヴィトングループ(LVMH)の傘下に入った。


時代によってその姿を変えてきたCOVAであるが、その中で提供されるフードとドリンクは、伝統的なイタリアのものである。

一口サイズのパスティチーノ(Pasticcino)は、基本的に1.5ユーロ。

カウンターでは、1.2ユーロのエスプレッソと合わせて気軽に試すことができる。

(テーブル席では値段が異なるので注意)


秋口に訪れた店舗では、早くもミラノのクリスマス伝統菓子パネットーネがディスプレイされていた。

高級ブッティックが立ち並ぶ通りにあるラグジュアリーでシックな店構え。

一見入るのを躊躇するかもしれないが、カメリエーレは皆にこやかであたたかいお店である。


近くを訪れたら足を運んでみたいカフェである。


《店舗情報》

公式HP: COVA

住所: Via Monte Napoleone 8, Milan, Italy

電話: +39 02 7600 5599

営業時間: 月〜土曜日 7:45 – 20:30

                日曜日 9:30 -19:30

e-mail: info@covamilano.com

Instagram: @pasticceriacova


PIUMA

絵: 桐佳 (@hatakekrk)

文: 増永菜生(@nao_msng)


PIUMA

ミラノより楽しい街歩き。 絵/ 桐佳(Kirika) (Instagram: @hatakekrk) 文/ 増永菜生(Masunaga Nao) (Instagram: @nao_msng)

0コメント

  • 1000 / 1000