10 Corso Como (コルソ コモ)に訪れるべき理由: ファッション、アート、カフェ ミラノの最先端がここに

2015年のミラノ万博にかけて急速に開発が進んだガリバルディ駅付近(Garibaldi F. S.)。

そんなガリバルディ駅エリアにある10 Corso Como (ディエチ・コルソ・コモ)。

ミラネーゼの間では「コルソ・コモ」の愛称で親しまれている。



このコモ通りにはお洒落なブティックやオープンカフェが立ち並んでいるが、こちらは一際目立っている。

その歴史は意外に古く1991年の開館。

別冊版『Vogue Italia』(ヴォーグ イタリア)の元編集長カルラ・ソッツァーニ(1947-; Carla Sozzani) が、セレクトショップとしてオープンさせたのが始まり。

その妹のフラン・ソッツァーニ(Franca Sozzani; 1950-2016)は、1988年から2016年まで『Vogue Italia』の編集長を務めた人物である。



コルソ・コモの建物は、20世紀初頭に建てられたとされるアパートだったという。

デザインを担当したのは、アメリカ人アーティストのクリス・ルス(Kris Ruhs)。


大きなドアをくぐると、まず目に飛び込んでくるのは美しい庭。

グランドフロア(the ground floor; 日本の1階に相当)には、カフェ、レストラン、ショップ。


カフェやレストランでは、コーヒーや紅茶のドリンクメニューの他、パスタやリゾット、ブレッド、さらにドルチェなどランチメニューやブランチメニューが揃っている。



特にファッションウィーク期間には、ファッション業界の人々で賑わうこちら。

皆、一流の品物と美しい写真のショットを求めて訪れる。

アート、デザイン、建築、ファッション、歴史、食、音楽、写真、文学に関わる品が、計算し尽くされた一瞬の隙のない空間に並ぶ。

まるで雑誌の1ページを切り取ってきたような光景である。

ショップが扱うジュエリー、服、小物などなどは、世界中から集まった選りすぐりの一品である。
そしてファースト・フロア(the 1st floor;日本の2階に相当)にあがると、アートギャラリーやブックショップが目の前に広がる。

色とりどりのデザインブックや文房具を前にその場から動けなくなってしまうだろう。
そして2003年にオープンしたのが3 Rooms Hotel(スリー・ルームス)。
3つしかない客室にはこだわりの家具が備え付けられている(1泊あたりおよそ350ユーロ (2018年11月現在))。
またコルソ・コモの創設者ソッツァーニの財団(Fondazione Sozzani)がキュレートするギャラリーでは、期間ごとに変わる特別展が開催されている。

(2018年後半は、ダリの展示「Salvador Dali, Jean Clemmer; Un incontro, un'opera」(2018年6月7日から9月9日まで)とフランスの写真家サラ・ムーンによる「Sarah Moon Time at World」(2018年9月19日から2019年1月6日まで)が開催された・開催中)

コルソ・コモは、ミラノの他、ソウル、上海、北京に店舗を展開してきた。
(因みにソウル店はサムスン・グループと共同)
そして、今年2018年9月6日、ファッション・ウィーク開催期間中にマンハッタン区のサウス・ストリート・シーポートにてニューヨーク店をオープンさせた。
総面積2万8000平方フィート(約2600平方メートル)。
ミラノ店と同じく、ニューヨーク店には、アートギャラリー、レストラン、カフェなどが入っており、元『Voge Italia』の別冊版編集長ソッツアーニがプロデュース、アーティストのクリス・ルスがデザインした。


いよいよ北米にも進出し、ますます勢いを増すコルソ・コモ。

初めてミラノに訪れる人にとっても、イタリア在住でミラノをアテンドする人にとっても見逃せない空間である。


《店舗情報》

「10 corso como」(ディエーチ・コルソコモ)

住所: Corso Como 10, 20154, Milano, Italy

公式HP: 10 Corso Como

公式Instagram: @10corsocomo

公式Facebook: 10 corso como

営業時間: 

ショップ&ギャラリー 10:30-19:30(年中無休)

          ※水木曜日のみ 10:30-21:00

                                  (tel: +39 02 29002674 (ショップ)/ +39 02 653531 (ギャラリー)

レストラン                12:30-15:00/ 19:30-23:00(年中無休)

カフェ       10:30-25:00(年中無休)

         (tel: +39 02 29013581)

Hotel 3 Rooms          10:00-19:30 (年中無休)

          (tel: +39 335 7669154)  


PIUMA

写真・絵:桐佳(@hatakekrk)

文・写真:増永菜生(@nao_msng)        

0コメント

  • 1000 / 1000